結婚式を挙げる!まず何したらいいの?

私の場合

結婚が決まり、親に挨拶を済ませ、顔合わせも無事に終わりました。その後、結婚式を挙げることが決まってから何をしたら良いのか何もわかりませんでした。私はもともと結婚式に特に憧れがなかったので無知だったのかもしれません。夫がゼクシィを買ってきて、パラパラとめくってみたものの、なんか準備大変そうだなぁという印象でした。

 

その後、とりあえず雑誌に載っていた通りに式場見学をすることにし、四か所の結婚式場を見学しました。ウェディングフェアというイベントを各式場でおこなっていて、結婚の決まったカップルはそれに予約して参加することができます。そこで挙式の会場や披露宴会場の見学、簡単な料理の試食などができ、見積もりを出してもらうことが出来ます。私たちはまだ招待する人数や衣装、挙式スタイルのことなど何も決めずにウェディングフェアに参加してしまったのですが、何か所か見学しているといつも同じ事を聞かれるので、自然と夫とも人数どうしようか衣装はどうしようかという話をするようになりました。

式場見学に行きました

私たちが見学に行ったのは、
・ゲストハウス型の結婚式場
・ホテルでする結婚式
・リゾートホテルの結婚式
・ホテルに隣接したゲストハウス型の結婚式場
の四か所でした。最終的には四つ目のホテルに隣接した結婚式場に決めました。雑誌の写真でどこも同じような感じなのだろうと思っていたのですが、実際に式場に行って話を聞いてみると様々な違いを感じました。

私たちの場合は遠方からの招待客が多かったことから利便性の良さと宿泊施設が必要でした。でも、そうゆうことは見学に行くまで全然考えていなかったし、色々見てはじめてわかりました。なので何か所か見学に行って比較してみて良かったと思います。

二か所のホテルの結婚式に絞ってから、とても迷いました。どちらも利便性も宿泊もOKだったので他の部分で決めなくてはなりませんでした。その時に、結婚式場を決めるのは、案内してくれたプランナーの人と会場が好きかどうかだと、プランナーさんにアドバイスされました。プランナーさんはどちらも良い方だったので最後は会場の雰囲気で決めました。決める直前はこれで決めてしまっていいのかなとすごく不安になりましたが、今のところ後悔はしていませんので良かったと思います。

ウェディングフェアに行ってみて、びっくりしました。色々なサプライズがあるのです。そうゆうサプライズが嬉しい方だったら良いのかもしれませんが、私はすごく恥ずかしくなってしまう人なので、その辺りにもプランナーさんとの相性があるのかもしれません。さりげないサプライズだと良いのですが。私は見学は結構疲れました。

式場が決まったら次に日取りの決定をしました。私たちの場合は日にちの希望はなかったのですが、両親のこだわりなどがあり決定が難航しました。大安や友引などを気にする両親には早めに相談した方が良いかもしれません。

結婚式用のノートを作る

結婚式のことって色々決めることが多くてはじめは頭の中がごちゃごちゃでした。でも二人で一冊の結婚式用ノートを作ってからは大分整理して考えられるようになりました。このノート普通の大学ノートに2人でメモをするだけなのですが頭の中がとてもスッキリするのでオススメです。例えば初めにざっと招待したい人を書き出しておいたり、式場見学のあとに感想をメモしておいたり、聞きたい質問をまとめておいたり。結婚式のことは全部このノートに書いてある!と思うだけで忘れたときに見返したり出来るので良かったです。

コツというか私のやり方は1ページに一つのことだけをまとめて書くことです。このページは招待したい人を書くページ、こっちのページには宿泊が必要な人を書いておこう、というような感じで1ページ全部埋まらずに余白があっても項目ごとに新しいページに書いておきます。そうすると後で変更したり付け足したりが簡単だし、前に考えていたことも確認出来るのでわかりやすかったです。特に私は話していたことや考えていたことをすぐ忘れてしまうのでこのノートには助けられています。

そんな感じで式場が決まったのが結婚式の9か月前。これから準備が大変になるのかと思うと心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です